• ホーム
  • 犬フィラリア症(犬糸状虫症)の薬を通販で買う際のポイントとは

犬フィラリア症(犬糸状虫症)の薬を通販で買う際のポイントとは

2020年05月08日
犬を診ている医者

通販で手に入る飲み薬には、ノミ・ダニと共にフィラリアも駆除するものから、フィラリア駆除専門のものまであります。その数も複数あり、どれを選んでいいか迷う人も多いのではないでしょうか。

市販されている薬はフィラリアの予防薬がほとんどです。投与することで、病気から犬を守る一定の効果があると言われています。気をつけることは、犬がすでにフィラリアに感染していた場合です。犬の体内にはすでに多くの寄生虫がいるわけですから、予防薬では効き目が期待できないと考えられます。予防薬に関するいくつかの副作用も報告されています。特にフィラリアに感染している犬に投与した場合、体内の成虫や幼虫が大量に死滅することで、犬にショックというカタチで負担を与えたり、成虫が死滅することで大静脈症候群(犬糸状虫血色素尿症)を発症する例もあります。薬に敏感な犬種になると、神経症状から死に至ることもあるので、安易に投与することは避けたほうがいいでしょう。

市販されている予防薬の評価は、ネットですぐ確認することが出来ます。安全度の高いものや多くの人が利用しているものなど、評価を見ると安心して使えそうなものもたくさんあります。ですが、全ての良い薬が自分の犬にも効果があるとは限りません。薬を調べることは、市販されている一般的な薬の名前を把握できるというメリットもありますが、その評価を鵜呑みにすることは危険です。

理想的なのは、毎年蚊の季節になる前に動物病院で診察を受け、フィラリア予防をしてもらうことです。同じ薬でも、動物病院で購入する場合と通販で購入する場合では、販売価格に大きな差が出ることもあり、それが通販購入の魅力の一つでもあります。その薬が犬に合うものかどうかはわかりませんので、薬を与える前に一度獣医師からフィラリアに感染していないかどうか検査を受けたほうが無難です。動物病院ならどの薬を与えたらいいのか相談することもできますので、合わない薬を与えるリスクが減ります。

飲み薬でフィラリアを予防する場合、月1度の割合で与えることになります。通販では割安で購入することもできるので、与えるべき薬が決まったら、購入方法として通販を選んでもいいでしょう。フィラリア向けの薬を販売している通販サイトはたくさんあります。販売価格が安いとつい買ってしまいそうになりますが、信頼の置ける店かどうか、事前にチェックするなど慎重に選ぶことをおすすめします。チェックポイントは、販売実績や販売している商品(パッケージが正規品と同じかどうかなど)、実際にその店を利用した口コミなどです。